メンタルケアカウンセリングとは

メンタルケアカウンセラーは心の専門家。ストレス社会で、今とても必要とされている資格の一つです。
欧米各国では心理カウンセリングが普及しているため、専門家にケアしてもらうということが一般的ですが、ストレス社会と呼ばれる日本でも、最近急速にメンタルケアのニーズは高まりをみせています。

 

メンタルケアカウンセリングは、主に対話を用い、精神障害心身症を呈している方、心理的問題や不適応に陥っている方、種々の困難を抱えている方などの認知情緒行動などに働きかけ、そこに適応的な変化を図ることを目的としています。特に、人間関係に起因するストレスなどの影響が認められる心因性の精神疾患の治療においては、メンタルケアカウンセリングはストレスそのものの分析、考察を行うため、表面的な症状を抑える薬物療法などの対症療法とは異なります。

 

(メンタルケアカウンセリングは治療ではありません。カウンセラーは投薬の指示をしたり、処方箋をお出しすることはできません。また保険は適用外になりますのでご注意ください)

※出張面談、カウンセリングも承っております。お気軽にご相談ください。

©2019 ライフサポート永和